著作権侵害の罰則・罰金


著作物を著作者の許諾を得ずに無断で使用した場合、著作権侵害となります。

侵害が有った場合、権利者は侵害をした者に対して以下の請求を行えます。

・侵害行為の差し止め請求
・損害賠償の請求
・不当利得の返還請求
・名誉回復措置などの請求

音楽著作権において著作権・著作隣接権侵害となった場合、個人では10年以下の懲役または1000万円以下の罰金となります。
法人の場合は3億円以下の罰金となる恐れも有りますので、会場や担当プランナーが著作権許諾を行っているかどうかをきちんと確認した上で披露宴会場選びをしましょう。

 

 


詳しいパンフレットはコチラ